アンドレ・タンネバーガー - Wikipedia ダニ

アンドレ・タンネバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内、 検索
ATB in 2004

アンドレ・タンネバーガー (André Tanneberger, 1973年2月26日 - ) は、ドイツのDJ、ミュージシャン、プロデューサー。

名前の頭文字を取った ATB の名で有名で、イビザ系トランスを代表するアーティスト。

目次

  • 1 経歴
  • 2 ディスコグラフィー
    • 2.1 アルバム
    • 2.2 DJ-Mix
    • 2.3 シングル
  • 3 外部リンク

経歴[編集]

ダンスミュージックグループSequential Oneの中心として1993年から2002年まで活躍、そして1998年には ATB の名でソロプロジェクトを始め、1999年には最 patek-philippe-aquanaut-copy-rid-0.html. clearance di Christian LouboutinのアルバムMovin' Melodiesをリリースし人気を博す。また様々なボーカル、アーティストと共に活動し、多数のリミックスを生み出している。

2005年には過去のシングルなど20曲をまとめたアルバムSeven Years: 1998-2005をリリース、2007年にもアルバムTrilogyをリリースし、活躍を続けている。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Movin' Melodies (1999年)
  • Two Worlds (2000年)
  • Dedicated (2002年)
  • Addicted To Music (2003年)
  • No Silence (2004年)
  • Seven Years: 1998-2005 (2005年)
  • Trilogy (2007年)
  • Future Memories (2009年)
  • Distant Earth (2011年)
  • Contact(2014年)

DJ-Mix[編集]

  • The DJ - In The Mix (2003年)
  • The DJ 2 - In The Mix (2004年)
  • The DJ 3 - In The Mix (2006年)
  • The DJ 4 - In The Mix (2007年)

シングル[編集]

  • 9 PM (Till I Come) (1998年)
  • Don't Stop (1999年)
  • Killer (1999年)
  • The Summer (2000年)
  • The Fields Of Love (feat. York) (2000年)
  • Let U Go (2001年)
  • Hold You (2001年)
  • You're Not Alone (2002年)
  • I Don't Wanna Stop (2003年)
  • Long Way Home (2003年)
  • Sunset Girl / In Love With The DJ (2003年)
  • Marrakech (2004年)
  • Ecstasy (2004年)
  • Here With Me / IntenCity (2004年)
  • Believe In Me (2005年)
  • Humanity (2005年)
  • Let U Go (2005 Reworked) (2005年)
  • Summer Rain (2006年)
  • Renegade (with Heather Nova) (2007年)
  • Feel Alive (2007年)
  • Justify (2007年)

外部リンク[編集]

  • Official ATB Website
  • MySpace の ATB
「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アンドレ・タンネバーガー&oldid=57989012」から取得

ダニ

louboutin kvinner sko
christian louboutin joggesko for menn
christian louboutin miesten lenkkarit
  • Home
  • Overview
  • Team
  • Research
  • Outreach
  • Facilities
  • Publications
  • News and Links
  • Contacts
  • Forum
print this page

The Biologically Inspired Materials Institute (BIMat) was originally established under NASA sponsorship as a University Research, Engineering and Technology Institute (URETI) in August 2002. Its declared mission was to develop new autonomous materials for space technology using bioinspired and biomimetic processes. Building upon this base, the program has now expanded to include research and development of earth-bound advanced materials for energy generation and storage, sensing systems, combustion, and self-healing structures. Projects focus on bioinspired materials built at the nanometer scale, utilizing “bottom-up” nanotechnology as opposed to the more common “top-down” approach. The coupling of biological inspiration with nanoscale design, “bio-nanotechnology”, leads to enhanced performance and materials properties for evermore demanding applications, on earth and in aerospace. Work in the topics of self-assembly, self-repair and self-healing, increased sensitivity and response in sensors and actuators, and advanced composites represent new approaches to the needs of next generation technologies, with benefits to ceramics, polymers, composites, and adhesives.


print this page|back to the top ↑
  • Home
  • Overview
  • Team
  • Research
  • Outreach
  • Facilities
  • Publications
  • News and Links
  • Contacts
  • Forum
  • Login
© Biologically Inspired Materials Institute (BIMat). All rights reserved.